賢く正しい家づくりコラムCOLUMN

【スカイホーム】住宅工法の種類②【取手市・つくば市・守谷市・新築コラムNo.23】

取手市・つくば市・守谷市で新築住宅・注文住宅をお考えの皆様こんにちは、

スカイホーム 広報担当です。

前回、住宅工法の種類で在来工法をご紹介しましたが、

今回は鉄骨造をご説明したいと思います。

鉄骨造は柱や梁に鉄骨を用いた建築工法で、材料の強度が高く、

燃えにくいため地震や火事に強い建物がつくりやすい。

そして鉄骨造には、「重量鉄骨造」と「軽量鉄骨造」の2種類があり

使用する鋼材の厚さによって区別されます。

重量鉄骨造

6mm以上の鋼材が使用されます。

また、構造として「ブレース構造」と「ラーメン構造」とに分かれます。

☆ブレース構造って?

木造軸組構法の柱や梁、筋かいを鉄骨やブレースに置きかえてボルトで固定したものです。

☆ラーメン構造って?

柱や梁を剛接しているため強度が増し、ブレースが不要となっています。
柱と梁で地震などの横からの力に抵抗する。
柱や壁を少なくする事ができ、広いスペースの間取りを確保できます。

 

軽量鉄骨造

5mm以下の鋼材が使用されます。
ブレース構造で造られます。
重量構造に比べて柱や梁が軽くなり、木造と同程度の基礎工事で済みます。

 

メリット
・耐震性・耐火性に優れている
・大空間をつくれる間取りの自由度
・長寿命住宅として耐久性も高めやすい

デメリット
・鉄骨造に共通して、湿気や結露で錆が出ると耐久性に影響するため防錆対策が必要
・軽量鉄骨造の場合、あまり大きな空間の間取りには不向き
・重量鉄骨造のラーメン工法では、柱や梁(はり)型のでっぱりは避けられない

 

ぜひお家作りの参考にしてみてください!(^^)/

 

お家づくりのことは、何でもお気軽に!

スカイホームへご相談下さい♪

\現在、取手市ゆめみ野にてモデルハウス公開中/

スマートハウスプランも続々建築中♪

〈取手市・守谷市・つくばみらい市・つくば市〉

☆今話題のデザイン住宅ZERO-CUBEへは→http://zero-cube.jp/sky-estate/

☆SKY HOME公式HPへは→http://www.sky-home.jp/

☆賃貸は →  『ピタットハウス守谷店』で検索 

☆新築・中古戸建・土地・不動産査定などは→ http://www.sky-estate.co.jp/

☆Instagram→https://www.instagram.com/skyestate.skyhome

☆Facebook→https://www.facebook.com/skyestate0881/

賢く正しい家づくりコラム一覧に戻る

PageTopPageTop